×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  『ラジオミキサー』とは?広報求人募集を見る前に必読

 ラジオミキサーとはパーソナリティーの音声にエコーやフェードアウト・インなどしたり、タイミングよく曲だしをするエンジニア。

 ラジオのミキサーをエンジニアといっても、この仕事はかなり責任重大で重要なスタッフ。パーソナリティーが進行を進め、ディレクターが指示をだし同時にミキサーが音響関係を一手に引き受けて番組を形にしていく。

 この三者が一体となって初めて番組が出来上がるので陰ながらではあるが番組作りの中でミキサーはかなりのウェイトを占めている。

 そしてディレクターがパーソナリティーに出す指示とは別に、パーソナリティーのしゃべりや呼吸のタイミングを見計らって曲を出したり効果をつけなければならないので、生放送ともなればかなりのプレッシャーがのっかって来るのでたまらない。

 しかしプレッシャーはかなりあるものの、パーソナリティーと阿吽の呼吸で掛け合いが出来れば一気に評価もうなぎのぼりになる。


  『ラジオミキサー』になるためには?

 ラジオのミキサーはほとんどが外部スタッフである。

 主にミキサーは音響関係や技術関係の制作会社に所属している。そのため、ラジオのミキサーを目指すならまずは音響関係・技術関係の会社への入社を目指しましょう。

 必要な学歴は音響関係の専門学校などを卒業していれば就職には有利になる。しかし全く関係ない専門学校や大学を卒業していても入社してから機材の扱い方を学べるのでその辺はなんとかなる。

 また、ラジオ番組の制作会社の中にはミキサーが所属している会社もあるので制作会社に問い合わせてみるといいかもしれません。

 さらに、経験を積みミキサーからレコーディングスタッフとしてアーティストの専属スタッフになれるチャンスもある。そうなればフリーとしてやっていけるし、アーティストのレコーディングに際してはお呼びがかかるので収入もアップ!


  『ラジオミキサー』の年収

  年収
  『500万円程度』 (出生すると。フリーのレコーディングスタッフになればさらに稼げる。)



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.